レーザマイクロ微細加工・レーザシステムの株式会社リプス・ワークス

ナノ周期構造(LIPSS)

 

ナノ周期構造(LIPPS):㈱リプス・ワークス

LIPSS:Laser Induced Periodic Surface Structure(ナノ周期構造)とは、フェムト秒レーザをある一定のエネルギーで材料表面に照射すると。材料表面の面粗度とレーザ波長との作用で、ナノ周期構造が創生される現象を指しています。

この創生された構造は、リプス・ワークスの加工技術者たちの手で多くの効果が得られることが証明されました。
LIPSSは、多くの企業や大学、研究機関で実験が行われていますが、リプス・ワークスの技術者はバイオミメティクスに基づいたパターンと構造を完全にコントロールすることに成功しています。

 

① 撥水、浸水の真逆の効果
『LIPSS(ナノ周期構造)による撥水現象』のページへ
『LIPSS(ナノ周期構造)による親水現象』のページへ

② 超微細形状と光の干渉による発光現象
『ナノ周期構造(LIPSS)による異方性構造色の実現』のページへ
『ナノ周期構造(LIPSS):異方性構造色デザイン加工』のページへ


③ 金型表面機能の向上
 射出成形を知らないリプスワークスが、現在 離形性の向上に挑戦中

 

この技術のお問合せ及び加工のお申込みはこちらからお気軽にお問合せ下さい。
株式会社リプス・ワークス 受託加工グループ
TEL:03-3745-0330
FAX:03-3745-0331
Webから:https://lps-works.com/contact

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3745-0330 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © L.P.S.Works.Co.,Ltd. All Rights Reserved.