1. HOME
  2. 装置設計・製造
  3. ファイバレーザ多軸ロボット切断・溶接システム

レーザ装置の設計・製造

ファイバレーザ多軸ロボット切断・溶接システム

多軸ロボットと高精度ステージを組み合わせたシステムです。
ファイバー伝送のレーザ発振器と組み合わせることで切断や微細な溶接が可能です。
ロボットにはガルバノヘッドを組み合わせたり、ツールチェンジャを用いてヘッドを付け替え式にすることも可能です。
加工位置合わせのため、画像処理アライメントも対応可能です。

  

特徴1:複雑形状と高精度加工に対応

複雑形状の位置決めは多軸ロボットで行い、高精度部分はステージを使用することで切断や微細溶接等、様々な用途に対応可能です。

特徴2:画像処理を用いたアライメント加工が可能

加工前にカメラで位置合わせし、ワークセッティングのバラつきを軽減させることが出来ます。

特徴3:各社のロボットメーカーに対応可能

ロボットメーカーに制限はありません。
※実績:ファナック株式会社、株式会社安川電機

スペック

レーザ発振器 ファイバー伝送レーザ
6軸ロボット+XYZθステージ
ステージストローク[mm] X=200 Y=200
ステージ位置精度[μm] XY=5
ステージ繰返位置精度[μm] XY=2
ステージ可搬重量[kg] 20
システム外寸[mm] W=5000 D=5000 H=2500(加工室サイズ)

 

装置設計・製造