レーザディンプルテクスチャによる鉄鋼材料切削加工における工具摩耗の低減:㈱リプス・ワークス

レーザディンプルテクスチャ

三角形レーザテスクチャによるアルミ合金のドライ切削加工における切りくず凝着の抑制:㈱リプス・ワークス

三角形状のレーザテクスチャ

 

 

 

 

 

 

 

切削加工においてアルミニウム合金は鉄鋼材料に比べ軟らかく工具摩耗も小さい為、通常のウェット加工であれば、一般的に難削材には分類されません。
しかし アルミニウムは融点が低く、科学的に活性度が高い金属であるため,切削温度が上昇すると工具表面に凝着や溶着を生じ、工具寿命を著しく低下させます。
その為、アルミニウム合金は、切削液を用いないドライ加工が、非常に困難な材料です。

切削加工におけるセミドライ化・ドライ化は環境負荷やコスト削減、作業の簡略化が見込めますが、切削内容によっては工具の著しい摩耗や切削品質が著しく低下するなど課題も多く残ります。

従来の切削工具の常識である“工具表面は可能な限り平滑に仕上げるべき”とは
全くの逆の発想で”工具表面に所定の三次元周期微細構造を付与する”ことで、様々な機能を発生する切削工具の開発に成功致しました!!

レーザディンプルテクスチャによる鉄鋼材料切削加工における工具摩耗の低減:(株)リプス・ワークス

 

三角形レーザテスクチャによるアルミ合金のドライ切削加工における切りくず凝着の抑制:(株)リプス・ワークス

 

 「レーザマイクロテクスチャによる高機能切削工具の開発」のプリントアウトはこちらからお願いします。

詳細なメカニズムについては、論文「微細表面構造による切削工具の高機能化とその構造最適化」の掲載ページをご覧ください。

この技術のお問合せ及び加工のお申込みはこちらからお気軽にお問合せ下さい。
株式会社リプス・ワークス 受託加工グループ
TEL:03-3745-0330
FAX:03-3745-0331
Webから:https://lps-works.com/contact