メディカル用ブレードチューブの切断加工:㈱リプス・ワークス今回は、医療用に使用される金属入りのメディカルチューブを入手!
入手したチューブの材料構成は、外径2.3㎜、内径Φ2.18㎜(肉厚0.12㎜)のポリイミドチューブに厚さ0.02㎜のSUSワイヤーが入っています。
このメディカルブレードチューブにに0.7×15㎜に切断(開口)加工を実施しました。
ポリイミドとSUSでは加工閾値が違うので、従来のレーザーでは、それぞれの材料は切断できても積層体だと良好な加工結果を得ることは出来ませんでした。

ポリイミドの切断条件ではブレード(SUS)が切断できず、ブレード(SUS)の切断条件では、ポリイミドへの熱影響が発生してしまう為、ブレードチューブの樹脂部分のみを除去していました。

今回、熱影響の少ない高ピークパワーの超短パルスレーザを使用することにより、閾値の壁を越えた微細加工が可能となりました。

同時切断しているにも関わらず、異なる素材の加工性の差が感じられずキレイに加工できています^^

ブレードチューブは、医療用カテーテル、医療分析機器等の医療分野をはじめさまざまな分野で使用されているポリイミドチューブに柔軟性及び強度向上を目的に金属ワイヤ(SUS)を編み込んでいるとお聞きしております。
この切断加工事例、今後の医療分野の開発にお役に立てないでしょうか?

この技術にご興味がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。
株式会社リプス・ワークス 受託加工グループ
TEL:03-3745-0330
FAX:03-3745-0331