1. HOME
  2. レーザ受託加工
  3. 技術情報
  4. ブラックマーキング加工を行いました

技術情報

技術情報

ブラックマーキング加工を行いました

株式会社リプス・ワークスの超短パルスレーザを用い、
ステンレス、アルミニウム、銅、医療用ピンセット、鉗子、膿盆へ
ブラックマーキング加工を行いました。

ブラックマーキングとは?

ブラックマーキングとは、熱損傷を限りなく抑え
材料表面へ黒色の文字やマークを記すレーザ加工の技術です。
表面のダメージを抑える事で、ステンレスや銅等材料が持つ性質を変えずに加工する事ができ、
腐食耐性を持った名入れが行えます。

薬品等での洗浄にも強いこの技術は、医療用品等殺菌を必要とする製品で活躍しています。

リプス・ワークスのブラックマーキング事例

ブラックマーキング技術では、従来の方法では困難な材料に対しても、深黒色のマーキングを施す事が可能です。
リプス・ワークスの超短パルスレーザを用いたアブレーション加工は、
材料への熱損傷を限りなく抑え、複数回の洗浄後にも判読可能な、腐食耐性のラベル付けを可能にしました。

また約Φ10μmと非常に小さなビームスポットによるマーキングで、より微細な装飾を施す事が可能です。
加工パラメーターによって深黒色のトーンを変色させることもできますので、
色味、内容ともに、お客様の要望にフレキシブルに対応致します。

(画像はクリックで拡大されます)

この技術のお問い合わせはこちらからお送りください