1. HOME
  2. レーザ受託加工
  3. 技術情報
  4. メディカル用ブレードチューブへの切断加工

技術情報

技術情報

メディカル用ブレードチューブへの切断加工

今回は、医療用に使用される金属入りのメディカルチューブを入手!
入手したチューブの材料構成は、
外径2.3mm、内径Φ2.18mm(肉厚0.12mm)のポリイミドチューブに
厚さ0.02mmのSUSワイヤーが入っています。
このメディカルブレードチューブに0.7×15mmに切断(開口)加工を実施しました。

ポリイミドとSUSでは加工閾値が違うため、
従来のレーザーでは、それぞれの材料を切断する事は出来ますが
積層体では良好な加工結果を得ることは出来ませんでした。
ポリイミドの切断条件ではSUSが切断できず、
SUSの切断条件では、ポリイミドへの熱影響が発生してしまうためです。

今回、熱影響の少ない高ピークパワーの超短パルスレーザを使用することにより、
閾値の壁を越えた微細加工が可能となりました。

同時切断しているにも関わらず、異なる素材の加工性の差が感じられずキレイに加工出来ています。

ブレードチューブは、医療用カテーテル等の医療分野をはじめ
さまざまな分野で使用されているポリイミドチューブに
柔軟性及び強度向上を目的として金属ワイヤ(SUS)を編み込んでいます。
この切断加工事例、今後の医療分野の開発にお役に立てないでしょうか?

この技術のお問い合わせはこちらからお送りください