1. HOME
  2. レーザ受託加工
  3. 技術情報
  4. 超撥水加工の実験中に…

技術情報

技術情報

超撥水加工の実験中に…

撥水加工の実験中、意図せずできてしまった加工形状をご紹介します!

フェムト秒レーザはある条件において、光の干渉から生ずる

「ナノ周期構造(Laser Induced Periodic Surface Structure)」が

材料表面に形成されることが知られています。

超短パルスレーザによる撥水加工では、

このような微細構造が蓮の葉上のプラントワックスによる突起形状と同等の役割を果たし、

撥水現象に寄与しているのではないかと言われています。

 

弊社でも、バイオミメティクスの観点を取り入れながら

超短パルスレーザによる撥水加工の改良に取り組んでまいりましたが、

まだまだ検証・改善すべき課題の絶えない技術でもあります。

ナノ周期構造例

ランダムな突起形状が出現

撥水効果の向上を目的とする実験で、ある液体中でのレーザ照射を行っていました。

すると不規則な突起(?)形状が現れて…

目指していたのは規則的なナノ周期構造で、目的とした改良効果も得られませんでした。

…でも微細な突起とその隙間が、エアポケットの役割を果たしてくれそうな気もする…!

 

後日…

営業 「ちなみに、実験の主旨からはそれましたけど、撥水はするんですか?」
担当者 「どうでしょう。確認するには面積が足りなくて…まだわかりません。」

…ついでにそこまで確認しておいて欲しかった/(^o^)\

今のところテクスチャの効果は発見出来ておりませんが、

見ようによっては、ランダムなナノドットアレイにも見えないでもない??

 

この形状、なにかに使えませんか?

お問い合わせはこちらからお待ちしております。