SUS304への微細多穴加工事例:㈱リプス・ワークスSUS304(t=0.05)に出口径Ø0.035、ピッチ0.35の貫通孔加工を行いました。
位置精度は±0.005以下で出来ています。

SUSに対して従来のレーザ加工では、熱によるバリやドロス等の溶融物が発生します。
また 厚み0.5mm以下では、蓄積熱による材料全体の歪みが発生します。
今回 熱影響の少ない超短パルスレーザで加工することにより熱歪みを解消した微細多孔加工を可能にしました。
またバリやドロスなどの溶融物の発生がないため、洗浄工程の簡略化が可能です。

「SUSへの微細穴加工」資料のプリントアウトへ

この技術にご興味がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。
株式会社リプス・ワークス 受託加工グループ
TEL:03-3745-0330
FAX:03-3745-0331