PTFE(テフロン)への高精度微細レーザ加工:(株)リプス・ワークスピコ秒レーザで厚み0.5mmのPTFE(テフロン)に0.2mm角、ピッチ0.4mmの微細切断加工を行いました。
PTFEは耐熱性、化学安定性、低摩擦性、高絶縁性など、他のプラスチック材にはない優れた特性を持っている材料ですが、微細加工は困難とされています。
レーザ加工においてPTFE(テフロン)は炭酸ガスレーザを使った加工法が知られていますが、1mm以下の微細加工は困難とされてきました。
ptfe-2左の画像は、厚み0.25mmのPTFEに0.17mm×0.67mmの楕円加工事例です。
今回 当社では、独自技術でその課題を解決し、PTFE(テフロン)に対し、バリの無いシャープエッジを持つ微細加工技術を確立しました。

 

 

  • PTFE(テフロン)に対し、シャープエッジを持つ微細加工が可能となりました。
  • アブレーション加工のため、熱影響が小さく、変質層領域が小さい。
  • テーパー穴以外にも光学系の組合せによりストレート孔の加工が可能です。
この技術にご興味がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。
株式会社リプス・ワークス 受託加工グループ
TEL:03-3745-0330
FAX:03-3745-0331
E-mail:sales@lps-works.com