LIPSSによる異方性構造色加工:㈱リプス・ワークス

LIPSS(ナノ周期構造)は、その構造を短調に平面上に創成することが簡単ですが、コントロールすることは簡単ではありません。
リプス・ワークスの技術者は、LIPSS(ナノ周期構造)の方向性を自由にコントロールすることによって、選択的にナノ周期構造の方向性を変え隣同士で発光色の違うパターンを形成することに成功しました。

この技術の完成によって、選択的に自在にそれぞれ方向の違うLIPPS(ナノ周期構造)を付与することが可能になりました。写真のように、いろいろな発光がみられます。

LIPSS(ナノ周期構造)は、一定方向からの光の当たり具合によってその光に含まれる波長成分をそのまま反射します。
微細な構造に反射した光は、とてもきれいにみえます。
現在の構造では、微細さの限界によって青色までの反射しかできません。

可能なら紫の光を反射させたいと思いますが先は遠いかな・・

この技術のお問合せ及び加工のお申込みはこちらからお気軽にお問合せ下さい。
株式会社リプス・ワークス 受託加工グループ
TEL:03-3745-0330
FAX:03-3745-0331
Webから:https://lps-works.com/contact