レーザマイクロ微細加工・レーザシステムの株式会社リプス・ワークス
レーザ加工技術資料

今月の新技術情報

フェムト秒レーザによるナノ周期構造(LIPSS)による異方性構造色の実現

LIPSS(ナノ周期構造)は、その構造を短調に平面上に創成することが簡単ですが、コントロールすることは簡単ではありません。 リプス・ワークスの技術者は、LIPSS(ナノ周期構造)の方向性を自由にコントロールすることによっ …

異方性構造色加工:㈱リプス・ワークス

レーザマイクロテクスチャによる高機能切削工具開発のご紹介

              切削加工においてアルミニウム合金は鉄鋼材料に比べ軟らかく工具摩耗も小さい為、通常のウェット加工であれば、一般的に難削材には …

【新技術情報】レーザマイクロテクスチャによる高機能切削工具の開発:㈱リプス・ワークス

SUS304への複合エンボス加工

  今回は、SUS304へ複合エンボス加工(マイクロテクスチャー)を行いました。 従来は円柱形状や半球形状といった単純な形状のエンボス加工のみでしたが、加工プログラムを工夫することで、複雑な形状のエンボス加工が …

SUS304へのマイクロテクスチャー(エンボス加工)事例:㈱リプス・ワークス

高硬度ローラ金型外周へのレーザマイクロテクスチャ加工

コンバーティング技術と呼ばれるローラ転写工法は、彫刻、グラビア、エンボス、光学フイルムの製造には欠かせない製法です。 そのような工程に使用されるローラは、真円度、振れなどが高精度に仕上げられ、偏肉などが調整されて高度に組 …

レーザホーニング加工事例のご紹介

エンジンシリンダーブロックおよびシリンダーライナーの内面にトライボロジー効果を目的とした微細加工の研究・開発は長年行われています。 代表的な加工技術としてはプラトーホーニングやレーザホーニングなどが存在します。 ただし、 …

レーザホーニング加工事例
« 1 2 3 4 9 »
PAGETOP
Copyright © L.P.S.Works.Co.,Ltd. All Rights Reserved.