SUS430へのエンボス加工(マイクロテクスチャー)加工事例:㈱リプスワークス今回は、SUS430へ エンボス加工(マイクロテクスチャー)を実施しました。
周辺をザグリ加工することにより微細突起構造を形成。
残し部の径:ø190µm、周りのザグリ加工深さは4µmです。
超短パルスレーザ(フェムト秒レーザ)を使用するため、バリ、溶融物の付着はありません^^
加工範囲、残し穴径、深さ、加工ピッチ等、調整が可能です。
既存の工法(ブラスト、ショットピーニング)と比べ、規則正しく高精度に加工することが可能です。

表面処理技術の一環としてレーザー加工により、各種摺導部材に対し、規則正しいマイクロテクスチャーを施すことで、接触面積低減による摩擦係数の低減効果や潤滑油の保持機能を向上させ、オイルの低粘度化とそれによる摺導抵抗の低下、摺導部の製品寿命を延ばすことを可能とします。

この技術にご興味がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。
株式会社リプス・ワークス 受託加工グループ
TEL:03-3745-0330
FAX:03-3745-0331