レーザ微細加工・レーザシステムの株式会社リプス・ワークス
お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 2010年

2010年のお知らせ

ピコ秒レーザー発振器導入 微細加工を高精度に リプス・ワークス

リプス・ワークス(東京都大田区、藤田幸二社長、03・5763・9901)はパルス幅が10ピコ秒(ピコは1兆分の1)のピコ秒レーザー発振器を導入した。 投資額は特殊光学系の設計設備やワークステーションの導入も含め1億円。(日刊工業新聞 2010.6.1掲載)

ピコ秒レーザー発振器導入 微細加工を高精度に:㈱リプス・ワークス

聞かせて工場長! 熟練者の技術・技能伝承、暗黙知から形式知へ:(株)リプス・ワークス

リプス・ワークスは、金属やセラミックス、シリコンウェハーなどのレーザー加工を主に手がける。2010年3月期の売上高は2億円。3月に解像度が0.1マイクロメートルの検査・画像測定機を導入し、加工精度に磨きをかけている。現在、熟練者の技術・技能を次の世代に伝承することに力を入れている。

聞かせて工場長!!熟練者の技術・技能伝承、暗黙知から形式知へ:㈱リプス・ワークス

精密部品検査・測定に参入 リプス・ワークス 中小加工業を対象

リプス・ワークス(東京都大田区、藤田幸二社長、03・5763・9901)は、各種精密機器・電子部品などの検査・測定事業へ参入する。(日刊工業新聞 2010.3.31掲載)

精密部品検査・測定に参入:㈱リプス・ワークス
Copyright © L.P.S.Works.Co.,Ltd. All Rights Reserved.